消費者金融と比べて利息が低い

カードローンを利用する場合には、大きく分けて銀行系のカードローンと消費者金融系のローンの二つに分けられると思います。そこで、こちらでは銀行系のカードローンと消費者金融系のローンの違いについてご紹介します。

利息銀行系のカードローンと消費者金融系のローンの最も大きな違いと言えば総量規制です。この総量規制とは、融資してもらう合計の金額が年収の三分の一を超えないように規制する法律です。この総量規制は、消費者金融にしか対象になわずに銀行系のカードローンには適応されません。銀行系のカードローンでは、賃金法の代りに銀行法が適応されておりますので、総量規制によって決められた三分の一を超えた融資を受ける事ができます。その為、高額な借入をしたい場合には、銀行系のカードローンを利用するようになります。

また、金利の面で考えた場合でもやはり銀行系のカードローンの方が低めに設定されている傾向にあります。消費者金融が設定している金利は18パーセントになっておりますが、銀行系のカードローンでしたら大体14.5パーセント程度が殆どですのでお得です
しかし、消費者金融は審査がゆるかったり、無利息期限があるなどメリットも沢山ありますので、それらを見比べた上で選ぶようにしてください。