消費者金融と比べて利息が低い

カードローンを利用する場合には、大きく分けて銀行系のカードローンと消費者金融系のローンの二つに分けられると思います。そこで、こちらでは銀行系のカードローンと消費者金融系のローンの違いについてご紹介します。

銀行系のカードローンと消費者金融系のローンの最も大きな違いと言えば総量規制です。この総量規制とは、融資してもらう合計の金額が年収の三分の一を超えないように規制する法律です。この総量規制は、消費者金融にしか対象になわずに銀行系のカードローンには適応されません。銀行系のカードローンでは、賃金法の代りに銀行法が適応されておりますので、総量規制によって決められた三分の一を超えた融資を受ける事ができます。その為、高額な借入をしたい場合には、銀行系のカードローンを利用するようになります。

また、金利の面で考えた場合でもやはり銀行系のカードローンの方が低めに設定されている傾向にあります。消費者金融が設定している金利は18パーセントになっておりますが、銀行系のカードローンでしたら大体14.5パーセント程度が殆どですのでお得です
しかし、消費者金融は審査がゆるかったり、無利息期限があるなどメリットも沢山ありますので、それらを見比べた上で選ぶようにしてください。

カードローンはすぐに借りれる

カードローンを利用する方の中には、とにかく時間が無くて困っている方も多いと思います。電気が止まってしまったり、病気で入院費用が出せなかったり、社用車をぶつけてしまって修理しなければ仕事ができないような場合には一分一秒でも早くお金が欲しいと思います。そんな時には即日融資をしてくれるカードローンを利用するようにしてください。

カードローンを即日利用するためには、振込みキャッシングで借入ができるカードローンがおすすめです。
振込みキャッシングとは、わざわざカードローン会社に行かなくてもインターネットで申し込むと自分の口座に現金が振り込まれるサービスです。忙しい方にはぴったりのサービスですのでおすすめです。

また、平日しか取引できないカードローン会社の場合には、休みの日にお金が必要になってしまった場合には対応してもらえませんので、土曜日や日曜日でも申込みが可能なカードローン会社を選ぶのもポイントです。特にジャパンネット銀行に振込みをしてくれる会社でしたら、土曜日や日曜日でも安心して利用する事ができますので、かなりおすすめです。

カードローン会社にはそれぞれ個性的なローンを取り扱っておりますので、しっかりと見比べた上で利用してください。

急な出費にはカードローン

急な出費にはカードローンは定番になっております。日本で生活している方の10人に1人はカードローンを利用しているほどカードローンは生活に身近な物になってきております。冠婚葬祭や車の修理費、怪我や急病での入院などまとまったお金が必要になる事もあります。
お給料日までもう少しなのにお金が足りないという時には、カードローンを利用される方が多くなっているのです。

急にお金が必要になった時には、日払いアルバイトなどを行ったり家族や友人などの親しい方にお金を借りるという方法もあります。しかし、丁度よい日払いのアルバイトが見つからなかったり、貸してくれる人が見つからない場合には、カードローンを借りるのが最も確実な方法だと言えます。

カードローンには、即日融資が可能なところも登場しています。それ以外にも金利であったり、無利息期間のサービスがあるか無いかなどそれぞれの会社によってサービス内容は異なります。特に、次のお給料日がくれば返済できるような場合には、一週間無利息サービスがある消費者金融などはかなりおすすめです。

こちらのページでは、急な出費の為にお金を用意しなければいけなくなってしまった方のために、カードローンをはじめる為に覚えておいて欲しい基礎の基礎についてご紹介しております。
カードローンはすぐに借りるポイントや消費者金融と銀行系のカードローンの比較なども紹介しておりますので、何の知識もない状況でしたら、かならずこちらページの内容をご確認頂いた上でカードローンを利用してください。

参考HP〈http://noloan.com/
一週間無利息サービスがある消費者金融「ノーローン」です。